ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品コード 7015020091704

新たな源平合戦が今、幕をあける――

下記、5点のエビテン限定セット商品となります。
・Nintendo Switch用ソフト『ビルシャナ戦姫~源平飛花夢想~』(通常版)
・缶バッジ5種セット
・A2タペストリー
・スイートシーンコレクション5種セット
・ドラマCD

販売価格 12,100円

発売日

2020年9月17日発売予定

納期情報

発売日以降お届けの場合があります

送料

1回のご注文で7,000円(税込)以上、お買い上げ頂くと送料無料

返品等

詳細はこちら

【商品タイトル】のご注文はこちら

商品を選択してください

■選択



【ebtenDXパック グッズ詳細】

■缶バッジ5種セット
「源頼朝」「平知盛」「平教経」「武蔵坊弁慶」「春玄」のイラストを使用した缶バッジ5種セット。
サイズ:57mm


■A2タペストリー
サイズ:A2


■スイートシーンコレクション5種セット
「源頼朝」「平知盛」「平教経」「武蔵坊弁慶」「春玄」のイラストを使用したスイートシーンコレクション5種セット。



■ドラマCD「ある夜の邂逅」
《出演》
平 教経  :河西健吾
武蔵坊弁慶:梅原裕一郎
春玄  :斉藤壮馬





【予約特典】

■ドラマCD「己が想いの行く先は」
《出演》
源 頼朝  :古川 慎
平 知盛  :福山 潤
平 教経  :河西健吾
武蔵坊弁慶:梅原裕一郎
春玄  :斉藤壮馬


 

【物語】

平家と源氏の命運をわけた『平治の乱』から十五年――。
栄華を極めた平家はこの世の春を謳歌し、敗れた源氏は没落の中にあった。

かろうじて命を助けられた源氏の御曹司・遮那王は、
山深い鞍馬に預けられ、修行の日々を送っていた。

そんな遮那王には誰にも知られてはならない秘密があった。
――実は女だという重大な秘密が。



【キャラクター紹介】

◆主人公
遮那王(しゃなおう)※元服前
源 義経(みなもとの よしつね)※元服後/苗字固定、名前のみ変更可

身長:161cm
年齢:16歳

源義朝の庶子として生まれるが、平治の乱で父が敗死したことにより
男として鞍馬寺に預けられる。
持って生まれた才と源氏の子ということで、周囲から打倒平家を期待されて育つ。
特に、師であり育ての親である覚日からは、その才を見込まれ
幼少期より兵法と武術を叩き込まれる。
だが、本人にその意志はなく、穏やかに生きることを望んでいる。
情に厚く、身分よりも個を重んじる傾向がある。
生まれてすぐに寺に預けられたため、家族の温かみを知らず
憧れを抱いている。


◆攻略対象キャラクター
源 頼朝(みなもとの よりとも)

身長:183cm
年齢:28歳
CV:古川 慎

源義朝の嫡子として生まれるが、平治の乱で父が敗死し兄たちも皆殺される。
十三歳だった頼朝は、清盛の継母である池禅尼の嘆願により死刑を免れ
伊豆国に流刑となるが、長い流人生活を経てついに蜂起する。
流人として苦労を重ねて育った孤独感から、冷酷で決して人に心を許さない。
源氏再興に対して並々ならぬ想いを抱いており、
命を賭して悲願を達成しようとしている。

平 知盛(たいらの とももり)
身長:180cm
年齢:23歳
CV:福山 潤

平清盛の四男。柔和な見目と言葉使いから、戦とは無縁のように見えるが、
武勇・知略共に優れた武将で清盛からの信頼も厚い。
ひとたび戦場に出れば冷静に戦況を見極め、無情に敵を殲滅する。
栄華を極め、我が世の春を謳歌する平家一族を
冷ややかに見ている節がある。平家の行く先を憂いているが
例え滅ぶとしても、それもさだめと静観している。

平 教経(たいらの のりつね)
身長:176cm
年齢:16歳
CV:河西健吾

平清盛の甥で知盛の従弟。繁栄の過程で貴族化していく平家において、
侍としての志を大事にしており、平家随一の猛将と言われる。
平家の名に奢ることはないが、強い誇りを持っており、
知盛と違って、平家の行く末が危ういとはいささかも思っていない。
同い年である遮那王のことを敵対視している。

武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)
身長:189cm
年齢:30歳
CV:梅原裕一郎

比叡山延暦寺に身を置いていたが、京の都で平家と問題を起こし放逐された僧。
その後、都で平家相手に刀狩りをしていたが、遮那王に倒されたことで主従関係を結ぶ。
裏表のない気持ちの良い性格で、僧兵としての腕は優れている。
もともと、放逐される前から横暴な行いの目立つ平家には不満があり、
源氏の子でもある遮那王には心から付き従う。

春玄(しゅんげん)
身長:172cm
年齢:16歳
CV:斉藤壮馬

源義朝の臣下・源重成の子供。
生まれてまもない頃、父親が義朝と共に敗死したため、
遮那王と同時期に鞍馬寺に預けられた。
幼い頃より一緒に育ったため、遮那王が女であることを知っている。
遮那王と同様、覚日から兵法と武術を叩き込まれており、
剣技はわずかに遮那王に劣るが、明朗で知略に優れている。
細身で女性的な顔つきをしているが、心根は男らしい。




(C)2020 IDEA FACTORY/RED