武装中学生 バスケットアーミー 第一巻 特装版(特典:缶バッジ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品コード 7015013022812

この物語は、 現実に起こり得るわたしたちの未来。

特装版の内容は以下の通りとなっています。
・単行本「武装中学生 バスケットアーミー 第一巻」※カバーは田中誠輝氏描きおろしバージョンとなります
・録りおろしドラマCD:DISC1 トウコ編/DISC2 ヒカリ編+新規録りおろしエピソード 第一話
・特製スリーブケース

※この商品はエビテン、アニメイト、とらのあな、のみで販売する限定商品となります。

販売価格 3,086円

発売日

2013年2月28日

納期情報

発売日以降お届けの場合があります

送料

1回のご注文で7,000円(税込)以上、お買い上げ頂くと送料無料

返品等

詳細はこちら

【商品タイトル】のご注文はこちら

商品を選択してください

■商品選択

在庫切れ



【エビテン限定購入特典】
「武装中学生×RPGツクール」コラボレーションのオリジナル缶バッジを差し上げます。
(サイズ:直径40mm)

▼1巻特典
(トウコ、ヒカリの組み合わせデザインのバッジ)
▼2巻特典
(カズキ、ナナミの組み合わせデザインのバッジ)
▼3巻特典
(ヨウジ、アンの組み合わせデザインのバッジ)
▼4巻特典
(サトシ、タロウの組み合わせデザインのバッジ)
※各巻、特装版、通常版共通のデザインとなります。



【作品概要】
時代は2022年。経済大国の座から滑り落ち、技術立国の名誉も失って久しい日本。国は、社会、国民の間に蔓延する不安を解消し、強い日本を取り戻すという政策を打ち立て、実行する。
そのひとつ、国家防衛関連法――政府が率先して近隣国の脅威を煽り、国民の愛国心を焚きつけた末に成立したこの法律は、少年少女に国を守るための教育をするという国家防衛教育法が含まれていた。

物語『武装中学生 バスケットアーミー』は、そんな教育を受ける少年少女たちの、歪んだ社会に翻弄されながらも、強くしなやかに生き抜く姿を描く。

WEB連載ノベルがついに書籍化!
小説『武装中学生 バスケットアーミー』、全4巻を連続刊行!!




【一巻の内容】
その中学生たちは、反逆のテロリストか、憂国の英雄か。

 2026年8月。名取トウコが所属する、東都防衛学院 中等部 三年二組の30名は、静岡県は富士演習場にて陸上自衛隊全面協力のもとで行われる夏季合同演習にあった。
 演習最終日。担当教官の神谷公子は、生徒らに課外授業を提案。それは、公子の友人であり、ロボット開発者でもある滝沢智則に、「国防ロボット研究」について講義をしてもらうというものだった。
 たった一度会ったきりだったが、滝沢にほのかな恋心を抱いていたトウコ。再開に心を躍らせていたその矢先――事件は起きる。



【ドラマCDの内容】
DISC1 トウコ編/DISC2 ヒカリ編+新規録りおろしエピソード 第一話

・DISC1収録タイトル
 オーディオドラマ 武装中学生 トウコ編 第一話 【告白した日】
 オーディオドラマ 武装中学生 トウコ編 第ニ話 【無知と無垢】
 オーディオドラマ 武装中学生 トウコ編 第三話 【初恋のはなし】
 オーディオドラマ 武装中学生 トウコ編 第四話 【スサノオの誓い】

・DISC2収録タイトル
 オーディオドラマ 武装中学生 ヒカリ編 第一話 【わたしは悪くない】
 オーディオドラマ 武装中学生 ヒカリ編 第ニ話 【ともだちの気持ち】
 オーディオドラマ 武装中学生 ヒカリ編 第三話 【落ちこぼれの決意】
 オーディオドラマ 武装中学生 ヒカリ編 第四話 【わたしは正しかった】
 オーディオドラマ 武装中学生 特別編 第一話



★エビテン限定セット購入特典情報★
以下のセットをご購入のお客様に、エビテン限定特典として、オリジナルサウンドトラックを差し上げます。尚、特典は無くなり次第終了となりますので、お早めにご予約ください。
また、単品購入で条件を満たしていても特典は付きませんのでご注意下さい。ご希望のお客様は必ず下記セット用のご注文ページからご購入ください。

「武装中学生 バスケットアーミー」オリジナル・サウンドトラック
音楽:川井憲次/カワイヒデヒロ
内容:武装中学生のショートアニメ、オーディオドラマ中で使用されている数々の楽曲から、川井憲次さんが選り抜いて制作を予定。
収録曲:詳細決定次第、後日このサイトで告知します。

▼特装版1、2巻セット
>>コチラ
▼特装版3、4巻セット
>>コチラ
▼通常版1〜4巻セット
>>コチラ>
※オリジナル・サウンドトラックの収録内容は共通です。
※無くなり次第終了となります
※書影、書名は仮のものです。実際の商品とは異なります。


(C)2011 Kazushige Nojima
(C)2011,2012 ENTERBRAIN,INC.