レコラヴ Blue Ocean(数量限定特典付)(エビテン限定特典付)

Yahoo!ブックマークに登録 Check このエントリーをはてなブックマークに追加

商品コード 7015016042501

『真夏の私を……すべて録画(うつ)して。』
「写真」をテーマにした恋愛シミュレーション『フォトカノ』の開発スタッフが、新たに送る完全新作恋愛シミュレーション。

【合わせ買いの際のご注意】
既に発売済みの商品と一緒に購入した場合、ご一緒のお届けとなりますのでご注意ください。
また、本商品より後に発売される商品と一緒に購入した場合も、一番後発の商品とご一緒のお届けとなります。

販売価格 7,538円

発売日

2016年10月20日

送料

無料

返品等

詳細はこちら

【商品タイトル】のご注文はこちら

商品を選択してください

■商品・特典選択

在庫切れ




【エビテン限定特典】
◆選べるA2タペストリー(10種から選択できます)
マリアーナ・プリンシラ(制服)、マリアーナ・プリンシラ(ebtenDLC衣装)、相良 美宇(制服)、相良 美宇(ebtenDLC衣装)、反町 莉子(制服)、御前 渚紗(制服)、鳴瀬 まひろ(制服)、妃月 凜世(制服)、真奈(制服)、結菜(制服)からお好きなイラストのA2タペストリーを一点お選びください。

※制服とebtenDLC衣装(マリア・美宇)の立ちポーズイラストをデザインしたタペストリーになります。

◆エビテンオリジナル特典DLコード「キャンペーン水着エビテンVer.」
PS Vita用ソフト『レコラヴ』に使用できるコードを入力することにより、「キャンペーン水着エビテンVer.」をダウンロードすることができます。

※「キャンペーン水着エビテンVer.」は、1つのDLCコードで、『レコラヴ Blue Ocean』『レコラヴ Gold Beach』どちらにも適用されます。
※DLCコードの有効期限は2021年8月24日23時59分までとなります。
※特典は無くなり次第終了となります。




【数量限定購入特典】
◆キャンペーン水着&ドラマCD「シャワープロローグ 〜恋する予感〜」
『Blue Ocean』『Gold Beach』をイメージしたキャンペーン水着とドラマCDのセットです。

・DLC『キャンペーン水着 Blue Ocean Ver.』
 『Blue Ocean』をイメージしたブルーのキャンペーン水着です。
・DLC『キャンペーン水着 Gold Beach Ver.』
 『Gold Beach』をイメージしたイエローのキャンペーン水着です。

※『レコラヴ Blue Ocean』には『キャンペーン水着 Blue Ocean Ver.』しか適用できません。
※『レコラヴ Gold Beach』には『キャンペーン水着 Gold Beach Ver.』しか適用できません。

・ドラマCD『シャワープロローグ 〜恋する予感〜』
 夏の物語が始まる前日の夜。恋愛対象ヒロイン+姉妹、それぞれの恋の予感のモノローグ集です。
バスルームでのエコー感、水音が、ヒロインたちのボイスを彩ります。

<登場ヒロイン>
相良美宇 CV:東山奈央
マリアーナ・プリンシラ CV:嶋村侑
反町莉子 CV:植田佳奈
御前渚紗 CV:M・A・O
鳴瀬まひろ CV:内田真礼
妃月凜世 CV:石川由依
真奈 CV:井口裕香
結菜 CV:加隈亜衣

※無くなり次第終了いたします。



【追加数量限定購入特典】
◆ブルマ体操服

※『レコラヴ Blue Ocean』『レコラヴ Gold Beach』共通の特典です。
※『レコラヴ Blue Ocean』『レコラヴ Gold Beach』どちらにも適用されます。
※無くなり次第終了いたします。




【ゲーム紹介】
・「写真」をテーマにした恋愛シミュレーション『フォトカノ』の開発スタッフが、新たに送る完全新作恋愛シミュレーション。
・新しいテーマは『動画』! もちろん「写真」も撮れます。+αの進化です。
・1996年に発売した『トゥルーラブストーリー』から20年。『恋を描いて 20th Anniversary』記念ソフトです。
・恋愛レベルに応じて、女の子のドキドキする動画が録れる。
・プロデューサー、シナリオは『フォトカノ』『キミキス』『トゥルーラブストーリー』の杉山イチロウ。
・キャラクターデザイン、アートディレクション、キャラクターモデリングは『フォトカノ』のヤマザキマサハル。
・新開発の「レコセッション」により、恋愛対象の女の子たちに様々なポーズ、シチュエーションを取ってもらい、自由なアングルで録画が可能。1回の録画時間はtwitterサイズである30秒間。美しい動画から、ちょっとエッチな動画まで、プレイヤーの心の赴くままに録画することが出来ます。
・『レコセッション』だけでなく、印象的なイベントシームも録画可能。
・モーションセンサーにより、まるで本物のビデオカムで録っているような、臨場感のある録画が可能。
・録画した動画は、ゲーム内のアルバムに保存可能。
・アルバムの動画をMP4に変換保存が可能で、ニコニコ動画、YouTube等の動画共有サービス、Twitter等のSNSに、パソコンを介してアップすることが出来ます。
・『フォトカノ』のように、写真を撮ることも可能。撮った写真は、『フォトカノ』のフリーフォトセッションと同様に、Vitaの「フォト」に保存されます。
・『レコラヴ Blue Ocean』と『レコラヴ Gold Beach』の2パッケージでの販売になります。
・2パッケージ合わせてのイベントシーン総量は700シーン以上。ボイス総量も4万ファイルを突破。『フォトカノ』の約1.5倍の量。もちろんフルボイスです。
・東山奈央、嶋村侑、植田佳奈、M・A・O、内田真礼、石川由依、井口裕香、加隈亜衣等、人気声優を多数起用しています。


【設定・ゲームの目的】
・プレイヤーは、初等部から高等部の一貫教育校である、光海(みつみ)学園に通う、高校2年生。
・プレイヤーの目的は、夏休み+αの2ヶ月間に渡って行われる勉強と運動の強化合宿、ミツミキャンプに通い、最終日の光海祭において、意中の女の子の動画を展示。告白を成功させること。
・恋愛対象は、初等部5年生から、高等部3年生までの、魅力的で個性的な女の子6人。出会いから告白までを純愛で描きます。
・プレイヤーには姉と妹がいて、恋のアドバイスをしてくれます。
・光海学園の特徴は、一貫教育だけではなく、敷地内にプライベートビーチがあり、水泳の授業がプールだけではなく、ビーチでもあること。海での動画が毎日狙えます。

【『レコラヴ Blue Ocean』と『レコラヴ Gold Beach』の違い】

『レコラヴ Blue Ocean』では、生徒会長である御前渚紗が部長の「キュートムービー部」(※略称Cムービー部)に所属し、恋愛対象6キャラクターそれぞれに、青い夏の海のような爽やかなストーリーが展開します。
・メインヒロインは演劇部の相良美宇です。
・恋のアドバイスをしてくれる身内キャラは、妹の真奈です。
・ユーザーインターフェースがブルーを基調にデザインされています。
・Cムービー部はキュートな動画を録ることを推奨していますが、どんな動画を録るかはプレイヤー次第です。

『レコラヴ Gold Beach』では、ギリギリのエロース騎士(ナイト)こと、堂下聖夜が部長の「E動画部」に所属し、恋愛対象6キャラクターそれぞれに、夕暮れの海のようなゴージャスなストーリーが展開します。
・メインヒロインはフィンランドからの留学生、マリアーナ・プリンシラです。
・恋のアドバイスをしてくれる身内キャラは、姉の結菜です。
・ユーザーインターフェースがイエローを基調にデザインされています。
・E動画部は、エロースな動画を録ることを推奨していますが、どんな動画を録るかはプレイヤー次第です。

・両パッケージでの、ストーリー、フリーイベントのシナリオは、ほぼ全て違います。
・両パッケージでは、「レコセッション」でのポーズがほぼ全て違います。

【ゲームシステム】
◆移動場所選択

・「休み1」「昼休み」「休み2」「放課後」の4つの時間帯に、移動したい場所を選択します。
・プレイヤーは、時間経過とともに、1つずつ移動場所を選択していきます。
・「ハート」はストーリーイベントが発生します。このイベントを見ないと、ストーリーが進みません。
・「?」はフリーイベントが発生します。このイベントを見なくてもストーリーは進みます。
・ガイドが表示されたイベントは、100%発生します。

・女の子が表示されていない場所に移動すると、女の子とエンカウントすることがあります。エンカウントすると、新開発の「バウンドアップ会話」によって、女の子との会話を楽しむことができます。

◆バウンドアップ会話

・話したい話題を選ぶと、女の子と会話することが出来ます。
・会話するチャンスは5回。うまく会話を盛り上げて、女の子に動画のモデルになってもらおう!
・画面右下の「話題チャージ」を選ぶと、話題のパワーが上がります。
・録画は、新開発の「レコセッション」で行われます。

◆レコセッション ・PS Vitaをデジタルビデオカムに見立て、モーションセンサーによって、まるで本物のデジタルビデオカムで録っているかのような臨場感で、女の子を録画することが出来ます。


◆恋愛対象キャラクター
◇相良 美宇(さがら みう)
・キャッチフレーズ:七つの顔を持つ演劇部のヒロイン
・クラス:高等部2−A
・所属:演劇部
・『Blue Ocean』メインヒロイン
・説明:主人公と同じクラス。本来は運動そこそこ、勉強そこそこの女の子だが、ひとたび髪紐を取り、七つ道具をつけると、どんな役にもなりきる。眼鏡をかければ真面目な勉強キャラに、ポニーテールを結わえれば活発な運動キャラに。それは演技の域を超えていて、まさになりきる感じ。マイペースな性格だが、演技のことになると周りが見えなくなる。
・CV:東山奈央


◇マリアーナ・プリンシラ
・キャッチフレーズ:憧れの日本にやってきたビーチ姫
・クラス:高等部3−A
・所属:なし
・『Gold Beach』メインヒロイン
・説明:フィンランドから留学してきた。ビーチバレーからサーフィンまで、マリンスポーツならなんでも挑戦する。運動神経が良く、活発。金髪碧眼で目立つので、学園の有名人。性格は強気で、気位が高い。幼いころから日本語の勉強をしていたので、流ちょうな日本語を話す。主人公のことを弟分と見なし、「ベリィ君」と呼ぶ。※“ベリィ”はフィンランド語で“弟”の意味。周りから“マリア”と呼ばれている。
・CV:嶋村侑


◇御前 渚紗(みさき なぎさ)
・キャッチフレーズ:学園を愛するヒロイン生徒会長
・クラス:高等部3−A
・所属:キュートムービー部 バドミントン部 生徒会
・『Blue Ocean』キュートムービー部部長として、主人公をアドバイス。
・説明:才色兼備の学園のヒロイン。圧倒的人気で生徒会長に選ばれ、学園をより良くするために尽力している。バドミントン部のエースでもあり、その実力は地区でも屈指。学園のかわいい女の子が大好きで、その美しさを残そうとキュートムービー部を創設。超がつくお嬢様で、女生徒の憧れのマト。憧れる女生徒立ちからは“ごぜん様”と呼ばれている。
・CV:M・A・O


◇反町 莉子(そりまち りこ)
・キャッチフレーズ:成績もツッコミもナンバー1の関西の刺客
・クラス:高等部2−A
・所属:なし
・説明:中学まで関西で一番の進学校にいた優等生。勝ち気で生意気で、成績が一番じゃないと気が済まない。普段は標準語だが、興奮すると関西弁が出る。勉強第一で、常にケータイでスケジュールを管理している。主人公と仲がよく、ののしり合うことも多い。
・CV:植田佳奈


◇鳴瀬 まひろ(なるせ まひろ)
・キャッチフレーズ:妹みたいに育った常夏水泳娘
・クラス:乙谷(おとや)中学3年
・所属:水泳部
・説明:主人公の幼なじみで近所に住んでいるが、学校は別。ミツミキャンプの間だけ、光海学園に通っている。泳ぐのが好きで元気いっぱい。光海学園の水泳部にマネージャーとしておじゃましている。主人公を慕っていて、いつもそばにいたがる。嫉妬深いところあり。気に入らないと噛みつくことも。主人公のことを、夏のキャンプだけ毎日会える兄という意味で“ナツにい”と呼ぶ。
・CV:内田真礼


◇妃月 凜世(ひめらぎ りんぜ)
・キャッチフレーズ:体操部の笑わない天使
・クラス:初等部5−B
・所属:体操部
・説明:高難易度の技技を次々と決める体操の申し子。冷静で滅多に笑わない。意味なく笑うのが嫌い。頭が良く、大人びている。凜世という名前が好きではなく、名前で呼ぶと怒る。なので周りは、名字から“ひめちゃん”と呼んでいる。友達が少なく、1人でいることが多い。
・CV:石川由依


◆身内キャラクター
◇真奈(まな)
・キャッチフレーズ:なにを考えているのかわからない中二病の妹
・クラス:中等部2−A
・所属:なし
・『Blue Ocean』ユーザーを恋のアドバイス
・説明:淡々とした口調のオタクでプログラムの天才。運動神経がまるでなく、足が遅いし、泳げない。左の太股のバンダナは自称リミッターで、外すと真の力を発揮するという。走る速度は音速を超え、プールの水は割れる…らしい。兄である主人公を“にい君”と呼ぶ。
・CV:井口裕香

◇結菜(ゆいな)
・キャッチフレーズ:大胆不敵なJKモデルの姉
・クラス:高等部3−C
・所属:なしン ・『Gold Beach』ユーザーを恋のアドバイス
・説明:初等部のころから、ファッション誌やグラビア誌で活躍するモデル。大胆不敵で唯我独尊。わがまま放題で、弟である主人公を振り回すが、面倒見のいい一面も。本来頭がいい方だが、仕事で授業を休むことが多いので、成績は振るわない。主人公を“ぶろ君”と呼ぶ。由来は、弟の英語“BROTHER”の“BRO”。
・CV:加隈亜衣

◆男キャラクター
◇堂下 聖夜(どうもと せいや)
・キャッチフレーズ:ギリギリのエロースを追求する気高き騎士(ナイト)
・クラス:高等部3−A
・所属:E動画部
・『Gold Beach』E動画部部長として、主人公をアドバイス。
・説明:イケメンを武器に女生徒に迫り、エロース動画をゲットする気高き騎士(ナイト)。“エロースのない動画なんて意味ないっショ”が身上。学園の風紀を乱すとして、先生や生徒会から目をつけられているが、チャラいノリで切り抜けてきた。
・CV:櫻井孝宏



(c)2016 KADOKAWA CORPORATION