ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマebtenDXパック◆特典付◆

ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマebtenDXパック◆特典付◆

ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマebtenDXパック◆特典付◆

ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマebtenDXパック◆特典付◆

◆ニンジャスレイヤーショッピング◆


◆NINJASLAYER PV2.1◆


◆NINJASLAYERの関連商品◆




◆コラボリングメント◆しよう◆フリーダムウォーズ




ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマebtenDXパック◆特典付◆

Yahoo!ブックマークに登録 Check このエントリーをはてなブックマークに追加

商品コード 7015016041304

【ニンジャ殺すべし! ツイッターで中毒者続出の翻訳小説書籍化第三部第5巻!】
オリジナルグッズを同梱した限定セット「ebtenDXパック」

【合わせ買いの際のご注意】
既に発売済みの商品と一緒に購入した場合、ご一緒のお届けとなりますのでご注意ください。
また、本商品より後に発売される商品と一緒に購入した場合も、一番後発の商品とご一緒のお届けとなります。

下記4点のエビテン限定セット商品となります。
・[単行本]ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマ
・アマクダリ・エージェントTシャツ
・PVCブックカバー
・コルクコースターセット

販売価格 4,104円

発売日

2016年05月30日

納期情報

発売日以降のお届けの場合があります。

送料

1回のご注文で7,000円(税込)以上、お買い上げ頂くと送料無料

返品等

詳細はこちら

【商品タイトル】のご注文はこちら

商品を選択してください

■商品選択

在庫切れ

【DXパック 同梱グッズ内容】
◆アマクダリ・エージェントTシャツ
ネオサイタマを裏から操る組織『アマクダリ・セクト』。
アマクダリエージェント達が身に着けるサイバーインナーイメージのTシャツです。
サイズはXS、S、M、L、XLから選べます。

[サイズ]
XSサイズ[160]:身丈:63cm 身巾46cm 袖丈18cm
Sサイズ :身丈66cm 身巾49cm 袖丈19cm
Mサイズ :身丈70cm 身巾52cm 袖丈20cm
Lサイズ :身丈74cm 身巾55cm 袖丈22cm
XLサイズ:身丈78cm 身巾58cm 袖丈24cm

◆PVCブックカバー
PVC素材のブックカバーです。


◆コルクコースター
アマクダリ、ヨロシサン、ケモビールエンブレム柄のコルクコースター3種セットです。

本体サイズ:直径約92mm
本体材質:コルク



【購入特典】
・オリジナルしおり

※特典は無くなり次第終了いたします。




アニメシリーズ地上波テレビジヨン 大好評放送中!

ニンジャスレイヤー 開戦前夜ネオサイタマ
ネオサイタマ某所の電脳アジト。IRCコトダマ空間の知識を求めるユカノは、ナンシーとともに一週間の集中ハッカートレーニングを試みていた。焦りを抱えながらもザゼン瞑想を深めるユカノ。ニンジャアドレナリン、チャドー、電子薬物、煙……それらがニューロンで一点に結びついたとき、コトダマ空間とオヒガン、キンカク・テンプル、Y2K……謎めいた真実に一歩近付く!「アマング・ザ・エイトミリオン・スターズ」(初翻訳)

VIP料亭「オトノサマ」は戦火に包まれた。キョート大使の暗殺計画、そして開戦の陰謀を掴んだニンジャスレイヤーたちはアマクダリ・セクトと激突する。ナンシーが、サークル・シマナガシが、レッドハッグが、ブラックヘイズが――ネオサイタマ各所で戦いの火蓋が切って落とされる。そしてニンジャスレイヤーは……かつて相見えたインターラプターと同じ技を使う強者、インターセプターと衝突する!「 ステイ・アライヴ・フォー・ユア・カラテ」(改題・再構成)

初翻訳を含む5作を収録!


【収録作】
「レッド・ハッグ・ザ・バッド・ラック」(改題)
「ファスト・アズ・ライトニング、コールド・アズ・ウインター」
「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」
「アマング・ザ・エイトミリオン・スターズ」(初翻訳)
「ステイ・アライヴ・フォー・ユア・カラテ」(改題・再構成)
【凄い小説! 痛快な展開! 正体不明のニンジャ小説】
ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。
彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。
一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。

原作者から権利を取得した翻訳チームにより、Twitter上での翻訳連載が開始された「ニンジャスレイヤー」。(https://twitter.com/NJSLYR)
瞬く間にtwitter上で多くのファンを獲得し、今や連載更新時はtwitterトレンドワードに「忍殺語」が続々とエント リー。
書籍化にともない、その中毒者はさらに増加!
ツイッターでついた火が、いま炎となる。
走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!




(C)2012 Ninj@ Entertainment