中国 2008年の家庭用ゲーム機市場:プラットフォームメーカーの現状と分析

Yahoo!ブックマークに登録 Check このエントリーをはてなブックマークに追加

商品コード 7015000080807

人民元が堅調に推移し、若年層の所得水準が上昇を見せる中国。
今後は、家庭用ゲーム市場も成長を始めるものと期待されています。
本レポートは、北京での小売調査、およびユーザー調査により、
最新の中国家庭用ゲーム市場のキーポイントを浮き彫りにします。
さらに、店舗当たりのハード販売台数、小売店経営者を対象にした聞き取り調査、マイクロソフト・ソニー・任天堂プラットフォームの勢力比較分析などの
各種データを収録しています。

特典:エンターブレインによるサマリー翻訳付き
形式:本商品は、一部を除き英文でのご提供とさせていただきます。

販売価格 216,000円

発売日

2008年8月11日

送料

送料無料

返品等

詳細はこちら

【商品タイトル】のご注文はこちら

商品を選択してください

■種類選択

目次
分析方法について
要旨および摘要
販売数比較
キーポイント
PS2:ソフトの充実・高いブランド認知度・低い本体価格で中国の主流プラットフォームに
任天堂:成長発展の鍵〜中国における過去の歴史と「肯定的な口コミ」
Xbox:中国における課題〜オンラインサービス・マーケティングの欠如
コンソールゲーム市場の原動力:中流・上流階級に属する都市部在住の若年層
著作権侵害問題:コンソールゲーム市場の成長を妨げる著作権侵害の蔓延
市場促進要因
ユーザー意識
上昇する所得水準
魅力的なソフトと革新的なゲーム
市場阻害要因
政府規制
高額な小売価格
ソフト著作権侵害問題
PCゲームとの競合